顧客管理システム比較ニュース http://www.authorandrewkincaid.com Tue, 12 Sep 2017 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 Jリーグ公式アプリがリリース http://www.authorandrewkincaid.com/2017/09/13/text-20170913/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/09/13/text-20170913/#comments Tue, 12 Sep 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/09/13/text-20170913/ そう言えば、今月の初めごろにJリーグから公式アプリがリリースされていましたよね。名称は「Club J.LEAGUE」。Jリーグのあるチームにハマってしまい、アウェイの試合も観戦しに行く友人がいるんですが、早速使っていました。

このアプリ、電通とJリーグが共同で作っているんだそうですよ。「スタジアム観戦の価値向上を図るCRMサービス」という目的があってのものらしいですが、アプリを使う人にとってもとても便利な機能があるんだそうです。

スタジアムに行って観戦するとキャンペーンに参加できたり、スタジアムWi-Fiに接続をすると、あの今テレビで宣伝しているDAZN(ダ・ゾーン)の無料視聴ができたり。さらに、ファン・サポーター同士のつながりを作っていこうとしているそうです。

CRMとは顧客満足度の向上を行うことで、回り回ってそれが企業の収益に結び付くというものですよね。お互いがウィンウィンの関係でいられるのは素晴らしいことですよね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/09/13/text-20170913/feed/ 0
フリーワードでも検索ができます! http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/29/text-20170829/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/29/text-20170829/#comments Mon, 28 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/08/29/text-20170829/ SFAで営業日報を管理していると、営業担当者が毎日どのようなプロセスで営業を行っているのか、クレーム処理をどのように行ったのか、案件の進捗状況など全ての行動を透明化することができます。これによって会社は営業担当者ひとりひとりに適切なアドバイスを送ることができたり、毎日の営業をねぎらうこともできるようになります。

また、資料の作成やデータの抽出も簡単にできるようになるんです。紙媒体で営業日報を管理していると・・A社との商談がどれくらい進んでいるのかを知りたい場合、数人の営業担当者で業務を行っているとそれぞれの担当者の資料作成から必要になりますよね。しかも、ある担当者は出張で日本に居ない・・ということがあれば、全員分の資料作成なんて無理かもしれません。

しかしSFAを使っていると、「A社との営業履歴全てを一覧に」という絞り込みが出来、すぐに資料を作成することができるようになるんです。つまり、フリーワードでも検索ができ、アナログ管理の時とは雲泥の差!と言う訳なんですね。

SFA(営業支援システム)料金の特徴

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/29/text-20170829/feed/ 0
生産性の向上に寄与するのが目的 http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/18/text-20170818/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/18/text-20170818/#comments Thu, 17 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/08/18/text-20170818/ 名刺の管理サービスでは日本で最も有名となったSansan。この会社では独自の様々な造語があるんだそうです。

例えば「Know Me」。私を知って!ということでしょうか^^それも含め、飲み会の補助をしてくれるという嬉しい精度とのこと。こんな会社があるんですね^^

ただ、単に飲み会の補助をするのではありませんよ。回数、金額は決められていて、なによりも部門を隔てた人同士の飲み会でなければいけないんだそうです。同じ部門の人ではなくて、立て割の業務からなるべく横のつながりを持ち、「生産性の向上に寄与するのが目的」なんだそう。

他にもいくつもこのような人事制度があり、活用が進められているんだそうです。こんなユニークな会社だからこそ、ユニークで唯一無二のサービスが生まれるのでしょうね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/18/text-20170818/feed/ 0
会社の資産と思うことが大事 http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/13/text-20170813/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/13/text-20170813/#comments Sat, 12 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/08/13/text-20170813/ 営業マンがこれまで行ってきた営業プロセス全てをデータ化できていたら・・と思ったことはありませんか?これってすごいことですよね。商談が成立したものも、あるいは途中で失敗に終わったものでも、すべてのプロセスをデータとして保存し、それを今の営業マンたちが自由に閲覧できたら。今、様々なことで悩んでいる営業マンたちにとっては、心強いバイブルのような存在になると思いますね。

ただ、すでに退社してしまった営業マンの営業プロセスはもう残すことができませんが、今働いている営業マンのものは残すことができるんです。それがSFAなんですね。

商談の成功例、失敗例、そして人脈などをすべてデータ化することで、他の営業マンたちにも共有してもらい、有効に使ってもらうことができるんです。まぁ、たしかに自分が必死で集めた情報や自分の営業手法を見せてしまうということは、かなりの抵抗感があるとは思いますが^^

でも、営業マンとして働いた時間は会社の資産でもあります。それを共有する、と思えば納得できるでしょう^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/13/text-20170813/feed/ 0
見抜く目も大事 http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/08/text-20170808/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/08/text-20170808/#comments Mon, 07 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/08/08/text-20170808/ 私が初めてサプリメントなどの健康食品を購入する際には、必ずそれを使ったユーザーのコメントを見るようにしています。きっと多くの人がそうだと思いますが、中には全く信用できないようなコメントもあり、それを見抜くのも難しくなってきていますよね^^なので、できるだけ信頼度の高いサイトでのコメントに限って確認をしています。

SFAなどの営業支援システムもやはり始めての導入の際には、過去にその会社のサービスを導入、そして成功している会社の事例を見てみたいと思いませんか?どのようないきさつでこの会社のサービスに辿りつき、導入に行ったのか。そして実際にどのような運用方法を行いどんな疑問点、不安があったのか。それをどのように克服してSFAの成功に至ったのか。

サービスをしている会社の中には、これら事例を非常に詳しく紹介しているところがあります。そしてその中にも信頼度が低そうなもの、高そうなものいろいろ。ですので、本当にそれらが本物なのかを見抜く目も、SFAのサービス会社を決める際の大事なポイントと言えるでしょう。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/08/text-20170808/feed/ 0
顧客を観察し、共感する http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/02/text-20170802/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/02/text-20170802/#comments Tue, 01 Aug 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/08/02/text-20170802/ 顧客の満足度を向上することができると言われているCRMですが、このシステムを使わなくても顧客満足度を上げることは可能と言われています。それが、顧客を観察し、共感すること。

顧客を観察するということは、例えば自社のホームページから商品を購入した顧客がどのような人物であるのか、年齢、性別、居住地域などの顧客情報といったもの、そしてどのようなページ、商品と比較をしてその商品を買ったのか。また、次にホームページを利用した際にもどのような足跡を辿っているのかを観察することで、その顧客の嗜好性がだんだん見えてくるようになります。

そして共感ですが、例えば顧客が購入した商品に対して「この商品はこのような人に喜ばれているんです。この商品のここが良いですよね!」といったように、顧客の心の中に入り込むようなかたちで顧客を肯定し、さらに疑問に思いそうなこともあえて掲げ、それを説明、納得させるように持って行くんですね。

顧客満足度とは、顧客それぞれにおいて全く違うものですが、観察、共感していくことで向上できるようになるんですね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/08/02/text-20170802/feed/ 0
最適な瞬間を捉えろ! http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/29/text-20170729/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/29/text-20170729/#comments Fri, 28 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/07/29/text-20170729/ 同業多社の今の時代、どうにかして他の会社の一歩先を行きたいと思えば、やはりCRMなどの営業支援システムを活用することが最適と言えそうです。

リアル店舗にネットショップ、テレビショッピングにチラシ広告など様々な媒体があることで、幅広い年齢層や多岐に渡る顧客の嗜好にも対応してモノを売ることができるようになりました。しかしその反面、販売のチャネルが多過ぎるために、マーケティングの分野ではなかり苦戦している会社も多いんだそうです。

勝機はずっと続くものではありません。ほんの一瞬で勝ち取れるかそれとも失敗に終わるのかが決まってしまうのです。その最適な瞬間を捉えるためには、CRMを積極的に活用していくことが重要なんですね。

CRMを取り入れることで顧客情報が整理され、分析能力が高まります。顧客それぞれに合わせや商品やサービスの提供、おすすめができるようになるため、まだ他社で購入に至っていない商品などを先がけて紹介することも可能になるんですね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/29/text-20170729/feed/ 0
共有することで http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/22/text-20170722/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/22/text-20170722/#comments Fri, 21 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/07/22/text-20170722/ SFAを使って営業情報を営業部全員で共有することで、自分ひとりでは絶対に出来ないと思われた案件が成功する可能性が広がるそうです。それはなぜか・・。

自分だけで集める情報と、営業部全員で集める情報。それらの量、そして幅広さは全然違ってきますよね。営業マンの数が多ければ多い程、これは明白です。

私もよくあることですが、意外と人の行動ってワンパターンなんですよね。そして目線も同じ。広い視野で物事を見なければいけないことはわかっていても、忙しかったり他の事に気を取られているとつい、いつもと同じ目線で見たり考えたりしているものなんですね。

でも、目線が違う人が多ければ多い程、自分とは違った目線で掴んだ情報がどんどん溜まり、それを知ることができます。会社の資産が貯まると同時に、それぞれの営業マンが進める仕事へのアドバイスの量も貯まっていくわけです。

SFAは使いにくいもの、ITに詳しくないと失敗しやすいもの、というイメージが強いようですが、メリットは計り知れないとも言えそうです。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/22/text-20170722/feed/ 0
個人だけが責任を負う時代ではなくなってきた http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/11/text-20170711/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/11/text-20170711/#comments Mon, 10 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/07/11/text-20170711/ SFAの導入が進められている理由に、個人ではなくて組織が一体になった営業へと移行していることが挙げられます。

これまで、営業職はそれぞれの営業マンが自分の裁量によってどこの会社でどのような取引を行い、成功できるかどうか、全てその営業マンの方にのしかかっていました。それでも以前であればライバル会社も少なく、モノも今のように溢れてはいなかったので、それなりの成績を上げることができたんです。

しかし、同業の会社が増え、客のニーズは多様化してきているため、昔のような個人での営業には限界が来ているんです。また、個人だけで責任を背負うには負担が大き過ぎるようになってきました。

そこで、個人の営業から組織全体での営業ができるSFAが利用され始めたんですね。全ての営業マンの営業知識、経験、そして情報すべてが一元管理されることで、営業力もグンとアップすると言われています。さらに、ベテラン営業マンの営業ノウハウを知ることが出来る点でも、SFAはメリットがあるとされてるため、中小企業などでも導入が進んでいるんですね。

sfa システム

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/11/text-20170711/feed/ 0
電子版をストリーミング配信 http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/04/text-20170704/ http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/04/text-20170704/#comments Mon, 03 Jul 2017 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2017/07/04/text-20170704/ 「ハースト婦人画報社は5月24日、新サービス「マガジンクラウド」をスタートした。」とのことです。婦人画報社と言えば、看板雑誌の婦人画報の他にELLE JAPON、25ans、MEN’S CLUBなどが有名ですが、これらの媒体13を電子版として提供するんだそうです。

私は雑誌をほとんど読みません。病院か美容院などの待ち時間にちょこっと読むくらいなんですよね。一つは読んでしまうと何の価値も無くなること^^次に大きくて重いこと。そして・・やはり買ってまで読みたいと思わないということでしょうか。。

なので、電子版が出るよ~と言われても全く興味を持つことはありませんでした。が、これを提供する側の会社として考えると、ユーザーの足取りが掴めやすくなるため、紙の媒体よりもマーケティングやCRMなどに役に立つのでは?と思ったのです。

実際、CRM施策にも本腰・・と書かれていたので、あ~やっぱり!そういうことね、と思いましたね~。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2017/07/04/text-20170704/feed/ 0