顧客管理システム比較ニュース http://www.authorandrewkincaid.com Thu, 12 Feb 2015 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 ゲームのようなSFA『Sales Force Automation』 http://www.authorandrewkincaid.com/2015/02/13/text-20150213/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/02/13/text-20150213/#comments Thu, 12 Feb 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/02/13/text-20150213/ NIコンサルティングは、真に営業マンを支援してくれるというSFA『Sales Force Automation』を提供しています。このSFAは、営業マンをサポート・アシストしてくれる電子秘書。この電子秘書のアバターは、営業マンが得た顧客情報や案件情報などを入力して教えてあげると元気になり、逆に営業マンが怠惰な営業活動をしたり情報登録を入力しなかったりすると元気を失ってしまいます。しかも営業マンが情報登録をすることでエネコインが貯まり、それが一定以上になると秘書のスーツや髪型をチェンジすることができるようになるのだとか。なんだか育成ゲームみたいですよね。しかしこれなら楽しみながら営業活動ができそうです。埼玉にある美容卸業の企業では、Sales Force Automationを導入して、営業マンにサロン情報を収集させました。そして収集した情報量をダービーレースにして競うことにしたのです。1位になった人は社長のポケットマネーで焼肉を奢ってもらい、社長から直々に褒めてもらえたのだとか。これはモチベーションが上がりますよね。仕事をゲーム化してしまうあたりは現代社会のなせる技だなと感心してしまいました。
SFAも市場から一定の理解を得てきたと思うが、ここでSFAの新たな動きはあるのでしょうか。
営業支援システムソリューション

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/02/13/text-20150213/feed/ 0
せっかく集めたのに・・ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/02/11/text-20150211/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/02/11/text-20150211/#comments Tue, 10 Feb 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/02/11/text-20150211/ SFAやCRMを導入し、たくさんのデータを集めたのにも関わらずそれらをどのように分析して営業活動に使うのかが分からない・・、という声って結構多いんだそうです。何だかわかる気がしますね^^でもとりあえず集めよう!とやみくもにデータ収集にいそしんでも、結果的に営業を行っている人の負担増となって、もともとの効率化、というポイントからかけ離れた仕事をしてしまう可能性も。そんな時の解決策が紹介されていました。それが、データ収集を行う際最初に必要なデータとそうでないデータをはっきりと分けておく、あるいは絞り込んでおくこと、これが最も需要なんだそうです。そうでないと、最初のようにやみくもにデータ収集に取り組み、それから分析する際に何がどうなっているのか・・、一番最初に戻らないと解らない!という恐れが出てしまうんですね。また、データ収集している最中もステップを踏むことが大切だとか。そのため、最初にデータ収集を始めた際に報告する項目を設定しておくと、それごとにデータを記入、あとは分析して有効活用すれば良いんですね。こうやって聞いてみると当たり前で難しくもなんともないようなことなのですが、初めてのツールの利用ってこんなもんなんですよね^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/02/11/text-20150211/feed/ 0
そもそも、CRMとは http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/28/text-20150128/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/28/text-20150128/#comments Tue, 27 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/28/text-20150128/ 今日見たネット記事に、「そもそもCRMとは」というタイトルのものがありました。そこでCRMの定義として書かれていたのは「顧客を適切に識別し、ターゲットとする顧客の満足度と企業収益の両方を高めるための経営における選択と集中」、これらの仕組みのことなんだそうです。定義というだけあってちょっと難しいですね^^日本においてこのCRMが重要となってきたのは今から約14年前、2000年頃のことなんだそうです。顧客関係管理を徹底させることでその後の営業方針、そして営業成績に大きく関わってくることがあります。とくにネットが世間に広がったことで、マーケティングの仕方が変わってきました。そして情報収集もやり方によってはとてつもない数の情報を一気に集めることが可能となりましたよね。しかしただ顧客情報を集めるだけではただの集計にしかすぎません。それらを次の営業へとつなげる戦略が大切なんですよね。顧客を適切に識別して顧客の満足度を高めるような営業、そしてそれと同時に企業は収益を高める。顧客、企業が共に潤うような仕組みを作れるのがCRMなんですね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/28/text-20150128/feed/ 0
ダイエットにも有効?^^ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/27/text-20150127/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/27/text-20150127/#comments Mon, 26 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/27/text-20150127/ 営業支援ツールを調べていたら、マンガを読むことでその会社が提供しているツールを理解できるというホームページがありました。たしかに難しい専門の文章だけが並べられているホームページより、マンガで分かりやすく解説されている方が、ITに詳しく無い人やパソコンに疎い人でも分かりやすいですからね。全てのビジネスマンがCRMやSFAなどの営業支援ツールの存在を知っているわけでもなく、また、存在は知っていても導入までは考えていない、はたまた知っていても自社に合うサービスがわからない、といったそれぞれの会社によって事情も異なります。そのな時、このようなマンガで解説されているのは、会社のどの立場の人でも容易に知ることができて便利ですよね。マンガに出ていた会社の営業部長さんは仕事のストレスによって体重が増加^^そんな時同窓会で以前のようにスリムな友人に出会い、同じ営業部長の立場で会話をしています。そこでその友人が教えてくれたのが営業支援ツールということです^^ストレス太りというのが何とも今っぽくて良いですよね^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/27/text-20150127/feed/ 0
さらなるグループ企業展開も容易に http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/26/text-20150126/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/26/text-20150126/#comments Sun, 25 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/26/text-20150126/ MicrosoftのCRMシステムに再構築をした結果さらなるグループ企業の展開も容易にできるようになった、というCRMの導入事例がMicrosoftのあるホームページで紹介されていました。このシステムを導入したのは日本でも有数の総合不動産デベロッパー。2012年にこちらMicrosoft Dynamics CRMを導入したことで、大幅な操作性の改善や検索機能の強化が実現したそうです。CRMシステムを導入した背景には、以前利用していたCRMはあらゆる機能が網羅的に搭載されていたものの、それがかえって逆効果を生み使いこなせない、という声が従業員から多く寄せられていたとのこと。そのため、システムの再構築を決定したそうです。そこで、CRMシステムを選ぶ際にはシンプルで使いやすいシステム。そしてコストも最小限に、という課題があったとのこと。これらを踏まえてMicrosoft Dynamics CRM を採用したそうです。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/26/text-20150126/feed/ 0
業務軽減および営業支援の提案を強化 http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/13/text-20150113/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/13/text-20150113/#comments Mon, 12 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/13/text-20150113/ 近頃は、個人の不動産の運用に関しても専門家に任せることで大きな利益を生むことが多くなっているようですね。個人所有のアパートやマンション、その販売や賃貸、管理など様々なサービスを利用することが可能となり、コマーシャルなどでもよくみかけます。今回見た記事は個人向けというよりは業界向けとのことですが、アクトコールという会社がローカルワークスと不動産業界向けに「物件リフォーム等をインターネットで発注できるクラウドソーシングサービス」を提供していくべく、業務提携を行ったということです。この提携によって見積もりの取得、サービスの発注までをスムーズに行うことができるようになり、不動産管理をする人の業務を減らしたり営業支援の提案などが強化されるそうです。さらには、施工会社を選ぶ際の透明化、物件のオーナーにもさらに付加価値の向上ができるなど、多くのメリットが生まれるようですよ。アクトコールとローカルワークスは、今後もそれぞれサービスの充実、実現を目指していくとのことです。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/13/text-20150113/feed/ 0
幅広い顧客の分析、CRMを行うことが実現! http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/09/text-20150109/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/09/text-20150109/#comments Thu, 08 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/09/text-20150109/ インティメート・マージャーがアメリカのトレジャーデータ社およびトレジャーデータと協業をスタートすることが報道されていました。協業するのはDMPの領域。アメリカのトレジャーデータは、2011年にシリコンバレーで設立され、約1年後の2012年に日本法人を設立したそうです。やはりシリコンバレーには多くの優秀なIT企業が集まっているんですね。トレジャーデータサービスという、「ビッグデータを一定の月額課金で収集・保管・分析するクラウド型データマネージメントサービス」を提供している企業だそうです。この協業を行うことで、トレジャーデータを使っている企業や会社は、それまで積み上げてきた顧客情報とともにインティメート・マージャーが抱えている国内の膨大なデータを一緒にすることで、これまでになかった非常に広い範囲の顧客分析やそれに伴う広告の配信、CRMなどのマーケティングをすることが実現できるそうです。そして、トレジャーデータ、そしてインティメート・マージャー双方にもまた、大きなメリットが生まれるのでしょうね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/09/text-20150109/feed/ 0
今後年率4倍で成長させる方針 http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/08/text-20150108/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/08/text-20150108/#comments Wed, 07 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/08/text-20150108/ 日本マイクロソフトは、「公共機関向けクラウド事業の売上高を、今後、年率4倍で成長させる方針を打ち出した。」という報道が出ていました。マイクロ社は、昨年よりも2.5倍の成長があり、さらに成長拡大するべく、年率4倍で成長させることを打ち出したそうなんです。当初は年率3倍の目標だったそうですが、この前年比2.5倍という数字から年率4倍に増えたそうです^^マイクロソフトは今年日本データセンターを開設していますよね。これが公共機関との取引に大きく繋がったそうなんです。実は公共機関との取引というのは、日本特有の課題があり、他の国と比べると遅れている分野だったそうなんです。しかし日本にセンターが開設されたことがやはり大きく影響したとのこと。また、今月にはクラウドサービスの「Microsoft Office 365」、年明けからはCRMアプリサービス「Microsoft Dynamics CRM Online」もサービスを始めるとか。これだけの機能の充実、拡充、そして話題性もあるため、確かに今後年率4倍の成長を見込んでもおかしくないのかも、しれませんね^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/08/text-20150108/feed/ 0
営業支援ツール導入前と導入後の変化 http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/05/text-20150105/ http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/05/text-20150105/#comments Sun, 04 Jan 2015 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2015/01/05/text-20150105/ ある営業支援ツールを販売しているサイトを見ていたら、導入実績について紹介されていました。こちらのサービスを使用したのはECモールを運営する情報通信事業会社。食品、日用品、雑貨などを取り扱っているネット上のモールとのことです。これまで、このモールの運営において新規顧客の開拓、営業などは全てエクセルを使っていたそうですが、データの集計や分析が効率よく行えていなかったとのこと。また、マーケティングスタッフではなくて営業スタッフがターゲットリストなどを管理していたため、顧客が重複していたりデータ管理にミスが多かったことなどがあったそうです。そのため、作業の効率化と改善、営業生産性を高めるために営業支援ツールを導入したとのこと。その結果、営業スタッフの報告や各種時間がこれまでの3~6分の1に減ったそうです。また、自動集計のシステムを作ったので数値のズレや計算ミスも無くなったとのこと。こんなにも目に見えて効率化できるなんて、コストがかかっても是非導入するべきですね^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2015/01/05/text-20150105/feed/ 0
SFA『ワンズ営業日報』の特徴 http://www.authorandrewkincaid.com/2014/12/17/text-20141217/ http://www.authorandrewkincaid.com/2014/12/17/text-20141217/#comments Tue, 16 Dec 2014 06:00:00 +0000 admin http://192.168.9.32/authorandrewkincaid-com/2014/12/17/text-20141217/ 株式会社ワンズファクトリーが提供している高い定着率でお馴染みのSFA『ワンズ営業日報』は、どのような特徴があるのでしょうか。その名前の通り日報が特徴です。誰でも使いやすく、日報に対してコメントを入力できるのでコミュニケーションのツールにもなるそう。自分の日報に対して上司からアドバイス的なコメントがあるとモチベーションも上がりますよね。そしてワンズ営業日報は手軽にアプリ開発まで出来てしまいます。仕事をしていると標準装備されている機能以外で、欲しい機能というのは出てくるもの。そんな時にユーザーが自由にエクセルを操作するような感覚で様々な機能をカスタマイズできるのです。これはワンズ営業日報の大きな特徴の一つでしょう。使えば使うほど自分に合ったSFAになりますね!もちろんSFAとしての基本的な機能も充実していますよ。顧客情報や営業報告などをポータル画面で一目で把握できるし、個々の商談を案件分析し適切なパイプライン管理もできます。定着率の良さに納得ですね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2014/12/17/text-20141217/feed/ 0