顧客管理システム比較ニュース http://www.authorandrewkincaid.com Sun, 09 Dec 2018 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 連絡とれるくんを提供すると発表 http://www.authorandrewkincaid.com/2018/12/10/text-20181210/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/12/10/text-20181210/#comments Sun, 09 Dec 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/12/10/text-20181210/ NTTコミュニケーションズが、連絡とれるくん、というクラウド電話サービスを提供することを発表したそうです。

このサービス、社内、社外両方の連絡先の情報を一括管理するそうで、連絡を取りたい時にはもっとも適した手段で簡単にコミュニケーションをとることができるとのこと。また、登録している情報がクラウド管理されているので、外出先で連絡を誰かととった時にも、その情報は端末の中には残っていない仕組みになっているそうです。

ここで思ったのが、名刺の管理ツールもクラウド管理されていますから、このツールを使っている人も、端末には情報は残らないんですかね?もし、使用した端末を紛失したり盗難に遭っても、連絡先の情報が何もなければ、二次的な被害は抑えることができますからね。

営業支援ツール紹介

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/12/10/text-20181210/feed/ 0
資料が自動的に集計 http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/26/text-20181126/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/26/text-20181126/#comments Sun, 25 Nov 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/11/26/text-20181126/ これってすごくないですか?苦労して資料を集めて、そこから重要と思える部分を抜き出し、数字を集計。そしてそれをグラフ化!一日仕事ですよね。ある会社では、週に一回、月に一回と、この嫌な資料作成をしなければいけない。本来の業務である営業を一日まるまる休んで資料作成に当たっている。どこかでおかしい、と思いつつもこれもやらなきゃいけない仕事だから、と諦めている。こんな状況でしょうか。

でも、本当に考えるとおかしなことですし、無駄な時間のようにも感じます。しかしそれが当たり前で今まで来ていたんですよね。その無駄で当たり前の時間を省き、営業の仕事が出来るようになれば、年間を通してあと何件の商談の成立ができるのだろう、と考えたことはありませんか?

CRMを使えば、日報週報、月報の資料作成が自動でできてしまうんです。SFAの機能が格納されていれば、簡単に必要な項目を取り出し、集計。日ごとだろうが週ごとだろうが、もともとの数字は同じものなんですから、それのまとめ方を指定するだけで、簡単に。そろそろ、本来の業務だけに絞ってみませんか?^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/26/text-20181126/feed/ 0
必要な機能が全部ある! http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/12/text-20181112/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/12/text-20181112/#comments Sun, 11 Nov 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/11/12/text-20181112/ ある企業の事例が挙げられていたんですが、名刺の管理ツールを使いたいと思い、複数のツールを候補とし、検討を進めたそうです。

その中で、最も自社に最適、必要とする機能が全て揃っているツールがあったとか。これはとてもラッキーだったと言っています。確かにそうですよね。数あるツールだとしても、そこに含まれている機能は自社が全て欲しいものばかりだった、というのは意外に少ないんです。

名刺を一括管理し、いつでもどこからでもその情報を利用できるようにしたい、とだけ思っているのであれば、無料アプリでも大丈夫でしょう。しかし、SFAやCRMの要素も欲しいなど、営業促進にさらに活かしたい場合には、それに合ったツール選びが重要になってきます。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/12/text-20181112/feed/ 0
コストと機能のバランスを http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/01/text-20181101/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/01/text-20181101/#comments Wed, 31 Oct 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/11/01/text-20181101/ SFAを導入しようとしている場合、SFAにはどんな機能があるのか、さまざまなSFAを調べては「こんなに便利なものもあるんだ!」と感心してしまうのではないでしょうか。

始めてこういったツールの導入を進めると、世の中にはここまで進んだツールがあることに驚かされます。そして、知れば知るほど、欲しくなるんですね^^SFAの導入失敗には、実はこの「欲しくなる」ことが理由にあるんです。

どうせこれからSFAを覚えるんだから、使えそうな機能はすべて入っているパッケージ商品を導入しよう!今は使わなくても、そのうちに使うようになるから!と思ってしまうんですね。

ところが実際に導入を進めていくと、管理画面が使いづらい、たくさん機能があるけど使っているのはほんの少しだけ、コストをかけたと言われたけどこれだけの機能しか使わないんだったら、もっとシンプルなものにしてればよかったのでは?と営業マンから多くの不満が出てしまうんです。

これからSFAの導入を検討する際には、コンパクト設計でコスパの良いものから始めることをおすすめします。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/11/01/text-20181101/feed/ 0
悩むところです http://www.authorandrewkincaid.com/2018/10/20/text-20181020/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/10/20/text-20181020/#comments Fri, 19 Oct 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/10/20/text-20181020/ SFAを導入したところで、実はPowerPointやExcelを使わずに済む・・ということは無いんですね。

SFAは確かに業務の効率化が実現できます。でもそれはあくまで営業の過程、例えば顧客にいつアプローチすると最も効果的なのか、そして営業のヒント、例えば営業のモレ、抜け、ミスを少なくする、こういったことができるようになるツールです。必要な項目だけを抽出し、資料を作ったり営業情報、顧客情報を一覧にすることは簡単です。

ただ、新規顧客にプレゼンする際には、やはりPowerPointを使った資料が必要ですし、Excelも継続利用が必須となるでしょう。SFAによって自社の商品やサービスのアピール力が向上することはありません。あくまで業務の効率化が出来るツールなんですね。

また、スケジュール管理のためのツール、CRMなどもすでにお使いかもしれません。そこにさらにSFAの導入となると、かえって業務の負担は増えてしまうんですよね。SFAの導入・・・悩むところですね^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/10/20/text-20181020/feed/ 0
SFAが急激に広まったのには http://www.authorandrewkincaid.com/2018/10/06/text-20181006/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/10/06/text-20181006/#comments Fri, 05 Oct 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/10/06/text-20181006/ ここ数年ですよね、SFAが急激に広まり認知度が高まったのは。もちろん、一般の人はSFAなんてもの知りませんし、技術職など営業以外の人はほぼ知らないでしょう。でも、営業現場では浸透しつつあるんです。

その急激な広まりの理由の一つがクラウド化ではないでしょうか。もともとSFAと言うと高額、使うのが難しい営業支援ツールという認識があったはずです。社内にサーバーを設置することから始めないといけないので、サーバー代のほかネット環境、サーバーを置くスペースの確保、そしてSFAを使いこなせる人材など、必要とするものが、中小企業では揃えられない状況だったんですね。

しかしクラウド化がSFAにも起きたことで、サーバーは必要無い、ネット環境は今のまま、人材はベンダからの出向と言うように、無理なく現在を維持しながらSFAを導入することが可能になったわけです。

またクラウドの利用そしてスマートデバイスの普及、対応によって、さらに便利で手軽になったことも大きな要因と言えますね。

営業支援システム比較

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/10/06/text-20181006/feed/ 0
教育面でも費用は削減できます http://www.authorandrewkincaid.com/2018/09/23/text-20180923/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/09/23/text-20180923/#comments Sat, 22 Sep 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/09/23/text-20180923/ SFAを使えば、営業マンは業務の面でたくさんのメリットを受けることができます。営業情報を共有化できたり、いち早く自分の営業状況を上司に知ってもらい、アドバイスがもらえたり。また、自分の営業プロセスをすぶさに記録していけるため、ミスや漏れが無かったか、商談が失敗したらどこかでその予兆は無かったのか振り返りをすることも可能です。

そして、営業マンだけではなくて会社を経営する側の立場の人たちにも、多くのメリットはあるんです。例えば営業マンの教育です。大企業にしても中小企業にしても、新しい営業マンが入ってくれば、その企業で培われたノウハウや経験を活かした営業が行われているため、それらを教育する必要があります。そのため、わざわざ研修会を設けたり、優秀な営業マンを新人に一人ずつ付けることもしないといけないでしょう。これだけにどれだけのお金と時間を取られるのでしょうか。

しかし、SFAを使っていれば、それまでのその会社の営業情報を全て共有できるため、その企業の営業の勝ちパターンを勉強できるわけです。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/09/23/text-20180923/feed/ 0
ステータスの段階を知る http://www.authorandrewkincaid.com/2018/09/12/text-20180912/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/09/12/text-20180912/#comments Tue, 11 Sep 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/09/12/text-20180912/ 各案件のステータスがどこまで行っているのか、全体像を管理者が知るには、相当な手間と時間がかかりますし、全体像がわかった頃にはすでに案件が終了している場合だってあります。やはり、ステータスの段階をリアルタイムで知る必要があるんですね。

SFAでは、営業プロセスそのものを営業が終わるごとに入力していきますから、管理者はSFAを確認するだけで全体像も管理できるようになるんです。また、営業マンの間でもその情報は共有化されるため、もし、ステータスがどれも留まってしまっている営業マンがいれば、アドバイスをしたり計画の見直しなども進言できるようになるんですね。そうすることで、営業部全体の業績も上がり、結果、会社の業績もアップしていきます。

SFAを導入しようとすると、その入力量の多さに営業マンたちからの抵抗も大きいと聞きます。しかしながら、導入、運用ができるようになれば、上記のようなさまざまな恩恵も得られるようになるわけですから、SFA導入の意義は大きいと思われますね。

名刺CRM機能紹介 |GRIDY特徴

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/09/12/text-20180912/feed/ 0
使いこなすとは・・ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/08/31/text-20180831/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/08/31/text-20180831/#comments Thu, 30 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/08/31/text-20180831/ 何でもそうですが、ツールやシステムを使いこなすというのは難しいものですよね。と、言われていますが、実はそうではありません。難しいと考える以前に、どうにかして役立てることはできないか、と考えていれば、そのうちに使いこなせるようになっているんですね。

例えば、自社で開催するイベントに見込み顧客を呼び込みたい。しかし参加を決めている企業の数は目標の半分ほど。しかもあと3週間ほどしかイベントまでに日にちが無い。そんな時、ただ電話やメールを送りまくるのではなく、せっかく活用しているSFAで効果的に業務を進めるんです。今、参加を決めている企業の属性、傾向。DMやメールの開封率などを徹底的に調べ上げ、的を絞ったアプローチを行うことで、参加企業を増やすのです。

イベント10日前くらいに、多くの同じような属性を持った企業が参加してますよ!締め切りがそこまで来てますからね!!と、「参加しなきゃライバル企業に置いて行かれますよ!」といった内容を送ることで、気持ちを上げることが可能となるんですね^^

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/08/31/text-20180831/feed/ 0
CRMが無くても大丈夫! http://www.authorandrewkincaid.com/2018/08/17/text-20180817/ http://www.authorandrewkincaid.com/2018/08/17/text-20180817/#comments Thu, 16 Aug 2018 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/authorandrewkincaid-com/2018/08/17/text-20180817/ CRMを使っていれば、もし担当者が急に退職したり転勤になったとしても、顧客情報が管理されているので引き継ぎがスムーズにできます。では、CRMが無ければこのような引き継ぎは出来ないのか・・、それは違うんですよね。

CRMを使っていない、あるいは使いたくても費用をつぎ込むことができない場合、名刺の管理ツールで代用が出来るんです。

名刺の管理ツールは、名刺情報をデータ化するだけと思っている方も多いようですが、名刺データの他にちょっとしたメモ欄があったり、顧客履歴なども一緒に管理することが出来るんです。ですから、CRMという難しいツールをわざわざ導入しなくても、名刺の管理ツールを上手に運用できれば、社内で簡単に顧客情報管理も出来てしまうんですね。

]]>
http://www.authorandrewkincaid.com/2018/08/17/text-20180817/feed/ 0