既存顧客と同じ手法になっていませんか?

営業って難しいものですね。話を聞けば聞くほど、営業マンの人って本当に大変だな~と感心していまいます。。

ただ、手法が悪いければどんなに頑張っても成績は伸びないもの。自分がどのような方法でどういった攻め方をするべきなのか、自分自身で分析して知っておく必要があるんですよね。とくに、それまではすにで自社の製品を買ってくれている既存顧客を相手にしていた人が、別の部署に変わったり会社自体を変えた場合、新規顧客の獲得には手こずるようなんです。

既存顧客というのは、自社の製品に対して一定の評価をしてくれていますし、信頼関係もすでに出来上がっています。そのため、それほど苦労なく、良い人間関係が保たれ、製品の質も向上していけばずっと顧客であり続けるものです。が、新規顧客はゼロからのスタートになっているため、既存の顧客と同じ営業手法を取っていても何の役にも立たないんですね。

何らかのヒントを得たり、情報を管理したりするには、SFAなどの営業支援ツールの導入も考えてみてはいかがでしょうか。既存顧客とは違ったアプローチの施策が見えてくるはずです。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*