弱いつながりの人物でも

例え弱いつながりの人物であっても、年に1~2回は何らかの連絡を取っておくようにしましょう!と言われますよね。これは、弱いつながりと思っていた人、あまり自分とは気が合わない人、といった思い込みによってビジネスチャンスを逃している可能性があるから。

ビジネスだけの場面じゃなく、交友関係においてもこういったことって無いですか?自分とはそりが合わないと思っていた人が、共通の趣味があり一気に仲良くなってしまった、ということ。

積極的につながりを強くしなくても、その時は突然やってくるかもしれません。もしかしたら今まで獲得したことのないような顧客となるかもしれないのです。ですので、名刺の管理ツールなどを活用し、弱いつながりでも細~く、長~いお付き合いをしていきましょう^^

名刺CRMアプリ

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*