BYODを支援するシステムのメリット

私物のスマートフォンを会社の業務で使っている人は少なくないでしょう。しかし会社が何の管理も取り決めもしていなければ、それは単なる公私混同になってしまいます。しかも顧客情報が社員個人のスマートフォンから外部に流出してしまったり、社員の個人情報が顧客に漏れてしまうといったリスクもあるのです。もしも問題が発生した場合、会社は「個人が勝手にやっていたことだから」と放置するわけにもいきませんよね。そこで最近はBYOD(Bring Your Own Device=私物端末の業務利用)を支援できるシステムを導入する企業が増えているそうですよ。こういったシステムのメリットは、「電話料金を仕事用と個人用で切り分けることできる」「1台のスマートフォンで、プライベートと仕事を使い分けることができる」「紛失した場合、会社側のデータはリモート操作で削除できる」などが挙げられます。社員はコスト面やセキュリティ面の不安が解消されますし、会社側としても細かい所まで管理が行き届くため、コンプライアンス面も安心できますね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*