金融機関でSFA導入が進んでいる理由

銀行や信用金庫などの金融機関でもSFA(営業支援システム)を導入するケースが増えているそう。顧客に利便性とより良い満足を提供する営業を展開するためには、情報の共有化を図り、案件プロセスを重要資産として管理することで、営業体制を整える必要があります。さらに従来 紙媒体で行っていた業務報告や顧客情報をデータ化&共有化することで、リアルタイムな進捗管理や実態把握、引継ぎ時業務の簡素化、サポート体制の構築を実現できます。そのためのツールとしてSFAが選ばれているのだそう。SFAならば、選択方式などの簡単な入力で出先でも情報の蓄積と共有が図れますし、蓄積された情報をグラフや表にしたり分析したりできます。また入力した履歴がすべて残っているため、担当者が不在の場合も履歴検索すれば、誰でも簡単&迅速にお客様に対応することができます。これなら顧客満足度の向上につながりますよね。資産価値の高い情報を管理すれば、質の高いサービス提供が可能になるということでしょう。金融機関でSFA導入が進んでいる理由が分かりますね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*