『わくわくオフィス』を導入している社会福祉法人 岸和田市社会福祉協議会

社会福祉法人 岸和田市社会福祉協議会では、主となる福祉業務に力を入れるため、クラウドソリューション『わくわくオフィス』を導入し業務効率化を実現させました。わくわくオフィスとは、NECが提供しているクラウド型グループウェアサービスです。いつでもどこでも情報共有と社内コミュニケーションが可能となり、オプション機能とグループウェアが完全に連携しています。また操作しやすく使い勝手が良いと定評のあるグループウェアなんですよ。ITに詳しくなくてもすぐに使いこなせるようになるのだとか。岸和田市社会福祉協議会では、スケジュール管理の他に施設の予約管理、報告書作成業務などをわくわくオフィスで活用しています。またクラウドサービスを利用することで、将来起こりうるリスク回避にも繋がっています。万が一、岸和田市が被災した時でもクラウドに業務システムとデータが確保してあれば協議会がすぐに動くことができます。これでこそ岸和田市社会福祉協議会の存在意義があるといえますね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*